構築事例

公共・自治体

DHCPサーバ構築

DHCPサーバ構築事例

地方自治体の情報センターでは庁舎内のネットワーク以外に出先機関/支所/出張所や公共の教育機関、医療機関などのネットワークも管理されております。
ネットワークに接続される端末数が非常に多くなる為、固定IPアドレスでの管理は現実的に難しくDHCPで運用するのが一般的になっております。
構成例ではSuperDHCPを庁舎に設置し、出先機関には小型のNetRegio DHCP1000を設置しています。
万が一、出先のNetRegioDHCPがダウンした場合でも、庁舎のSuperDHCPが代理でIPを払いだすことが可能です。

参考)納入機器一覧
センター側DHCPサーバ NetWyvern SuperDHCP 110
出先機関側DHCPサーバ NetRegio DHCP 1000