SOLUTIONS

やりたいことをできることに。つなぐことはお任せください。

─ ソリューション:テレワークソリューション ─

テレワークソリューション
FortiGate + monoPack

背景

働き方改革、コロナ禍の影響により、企業はテレワークを推進せざるを得ず、早急な対応が求められています。企業はノートPC貸与の為の機器購入に大きな負担を被ることが避けられない状態になっています。
monoPackは個人所有のPCや老朽化PCを用いて低コストでより安全で容易にテレワーク導入が行えるソリューションです。

テレワークソリューション図1

個人所有のPCがシンクライアント端末として利用できます。

  • 自宅PCへの社内データの持ち出し禁止(情報漏洩を防ぎ、PC内のHDDは使用せず)
  • インターネット接続環境があれば自宅の個人PCにアプリ追加などの手を加えず簡単に設定

monoPack FortiGate版

FortiGate製品をご利用のユーザ様向けのSSL-VPN接続ツールが予め導入されております。在宅勤務者はより簡単に社内ネットワークへ接続できます。

テレワークソリューション図2

二要素認証にも対応

ユーザID、PASSのログインだけでなく、FortiGate側のワンタイムパスワード機能を利用してVPN接続時にEmail経由で発行されたTokenCode入力による認証やデジタル証明書を利用した認証も可能です。

monoPack 統合版

monoPack統合管理版を利用すると、統合管理Serverでユーザを一元管理できます。
管理版では一括アップデートはもちろん、紛失時の利用停止なども可能になります。
複数のシンクライアント端末の管理を一元化したいお客様に最適な製品です。

テレワークソリューション図3

製品仕様

monoPack USBシンクライアントの製品仕様は以下の通りです。

  スペック
CPU x64 (Intel,AMD互換64bit)※1
メモリ 1GB以上
ブート機能 端末がUSBブートに対応している事
USBインターフェイス USB2.0以上を推奨
モニタ SVGA(800×600)以上
BIOS USBブート対応のBIOS/UEFI(Macにも対応※2)
  • 1.目安としては 2006年発売のIntel(R) Core(TM)2 Duo 以降となりますが、新しいCPUでも32bitの場合がありますので、評価版での事前検証をお願いします。
  • 2.アップル社のMacは一部の機種はご利用頂けますが(IntelベースのMac前提)、評価版での事前検証をお願いします。
  • 対応アプリケーション: Windows Remote Desktop Services、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、VMware Horizon View、2X、Ericom、Go-Global

monoPack統合管理システム ximManager 動作環境は以下の通りです。

ximManagerシステム要件(統合管理サーバ用管理コンソールアプリ)

  スペック
OS Windows10 (Home/Pro) (x32/x64)
CPU 1GHz以上
RAM 4GB以上
HDD 200MB以上の空き容量
  • ximManagerは、PCにインストールしていただくことでご利用になれます。ご利用にあたり特定の専門知識は必要ありません。
  • インストーラはUSBでの提供となります。
  • ビルトインAdministratorアカウントではインストールできません。
  • ストアアプリが利用できる環境であること。

monoPack WOL BOX

遠隔から自席PCの電源を入れることが可能になります。
WOL(Wake On LAN)とは、通信ネットワークに接続されたPCの電源を、他のPCから遠隔操作で起動する機能です。monoPackに搭載されたWOLツールから、WOL BOXを経由してネットワークセグメント上にある任意の特定社内PCを起動できるようにします。社内PC起動後は、既存のリモート接続ツールを利用し、社内PCにリモートでログインすることができます。

WOL BOX